株式会社JTIXは、医療機関/美容外科/サロン経営者様向けに幹細胞培養液の原料や商材の開発・販売・OEMを行っています。

スキンフィット技術

幹細胞培養液の多様な活性成分を皮膚の深部までデリバリーするスキンフィット技術の紹介です。

スキンフィット技術の3つの機能

幹細胞培養液の成分をデリバリーするスキンフィット技術

機能1: 保湿と保水、乾燥防止

野菜は零下になると凍らないよう、自ら細胞を守る成分「ラフィノース」を生成します。ラフィノースは自ら乾燥箇所を探して潤すセンサー機能のある保湿成分です。一定の水分量を保ち、ベタツキがなく滑らかな感触を与えます。栄養成分のラファフィノースと修復材となるアミノ酸を配合することで壊れた表皮を修復し、保護するはたらきがあります。

機能2: デリバリー促進

吸着脂質高分子が肌呼吸を邪魔せずしかも水分を閉じ込めるスキンフィット薄膜を形成します。角質層に食いつくように形成され、ナノリポソームカプセルを深部に押し込むデリバリー増進効果があります。

デリバリー増進効果と高浸透性リポソームカプセルの相乗効果で、幹細胞培養液の多様な活性成分が深部に届き、細胞力を呼び醒まします。

機能3: アレルゲンの遮断と炎症予防

免疫効果によりアレルゲンが抗原体に結びつくと痒みや赤くなるなどの症状としてアレルギー反応があらわれます。アレルゲン遮断と、炎症防止効果は吸着脂質高分子がアレルゲンの侵入を防ぎ、多糖体成分が抗原体をブロックすることで炎症を予防します。

PAGETOP
Copyright (c)2011- Jtix Co.,Ltd. All Rights Reserved.